今夜は眠れるかな

木村リュウジのブログ。神経症患者としてでなく、ひとりの人間としての日々の思い 。Twitter→(https://mobile.twitter.com/ryjkmr)

心の線引き

 

こんばんは

 

そして、お久しぶりです。

 

9月の終わりに「固定のアルバイトが決まりました!」という記事を更新しましたが、

そのあと10月から働き始めて忙しくなり、ブログを書く時間がありませんでした。

 

今日は、最近特に考えていることについて書いてみようと思います。

 

10月4日に埼玉医科大学病院へ診察に行ってきました。

9月の間は比較的体調が良かったので、前回の診察(9月上旬)で処方された抗不安剤睡眠導入剤の2種類の薬(ともに4週間分)が、診察の日には半分くらい余っていました。

 

そのことを話すと、医師から「じゃあ薬の量を減らしてみましょうか」と仰っていただき、どちらの薬もいままでの4週間分から2週間分に減らしていただきました。

前回の診察で、医師から減薬が認められていたので、今回の診察はそれが具体的なかたちとして表れたようで嬉しかったです。

 

ただ、そのときは嬉しかったのですが、その後はじめての仕事やプライベートなことで少しずつ不安感が増えていきました。

そして、それに比例してその2種類の薬を服む量が増えて(というより、元通りになって)いきました。

 

次回の診察は11月1日にあるのですが、その2週間前にあたる先日、それまで余っていた2種類の薬が服み終わり、今回の診察で処方された薬に移りました。

このまま服み続ければ、さらにこれから2週間経てばどちらの薬も手元に無くなります。だから、次回の診察ではやはりどちらの薬も4週間分処方されることになるでしょう。

 

つまり、9月上旬の診察で医師から「減薬しても良い」と仰っていただき、現に9月は薬を服まずにいられたときもあったのですが、

10月になり、また処方された量の薬をすべて服むようになりました。

 

9月に診察を受けたばかりのときは、減薬することを自分のなかで割と簡単に考えていたのですが、現実にそれを実行することは難しいというのがいまの正直な思いです。

 

ただ、10月1日にアルバイトを始めてから、決まった時間に出勤して、仕事も出来ているということは自分にとって糧となっています。

 

先ほど、「仕事の不安感」といったことを書きましたが、だからと言ってそれが上司への不信感等にはつながっていません。

 

と言うのも、開き直った言い方かも知れませんが、自分のなかの不安感や焦燥感の理由を「神経症のため」と決めてしまっているからです。

こうすることで、私の場合、「病気の自分」と「素の自分」を分けて考えることが出来ます。だから、有益な方法だと考えています。

 

神経症に限らず、心の病は「病気になっている部分」と「それを感じ取る部分」とが隣り合わせになっているということが大きな特徴だと思います。

言い換えれば、ひとつの心のなかに病気になった心とそれについて色々なことを感じる心とが一緒に存在しているのです。

 

例えば、病気ではありませんがケガをしてしまい、手や足の骨を折ったとします。

当然、物を持ちづらかったり、歩きづらかったりします。

しかし、その一方で「自分は手を骨折したから物を持ちづらいんだ」「自分は足を骨折したから歩きづらいんだ」と客観的に考える自分がいます。

 

神経症等の心の病が難しいのはこの「自分の病気を客観的に考える」ことだと思います。

繰り返すように、ひとつの心のなかに病気になった心とそれについて色々なことを感じる心とが一緒に存在しているので、その線引きが難しいのです。

 

例えば、これはうつ病の患者に多く見られるそうですが、自分のうつ病を「甘え」と認識して、生活のなかで既にボロボロの心に負担を掛け続けてしまう人もいるそうです。

 

私にもそうした時期がありました。いや、いまも続いていると言えるかも知れません。

まだ仕事をはじめたばかりということもありますが、仕事中に上司からミスを軽く注意されることがあります。本来であれば、そのミスを直せばそれで済みます。

しかし、その注意された一言から不安感や焦燥感が広がり、自分や、その上司のことを責めたり、さらに自分の周りの人たちまで責めたりしそうになります。

 

そうしたときは、繰り返すようになりますが、「この気持ちは病気がさせているものなんだ」と線引きをするようにしています。

それにより、「いま行うべきは自分や他人を責めることではなく、ミスの原因と解決策を考えること」というあるべき発想に行き着きます。

 

そのほうが、自分にとっても、また相手にとっても良いはずです。

そのためにも、改めて自分の心の線引きは有益だと考えます。

 

ただ、この心の線引きには注意が必要だと思います。

この心の線引きは、自分が病気かそうでないかの線引きであり、出来ることと出来ないことの線引きとは少し違うからです。
出来ることと出来ないことで線引きをしてしまうと、出来ないことに分類してしまうことが増えてしまうかも知れません。

例えば、先ほどの自分の仕事のミスを注意されたときも、「自分は神経症だから何も出来ないんだ」と考えてしまい、もう既に医師から働いても大丈夫と言われているのにも関わらず、家に篭ったような生活を正当化することになってしまうかも知れません。

 

私は、神経症と診断されても、自分のなかで出来ることは何か考えていきたいです。

 

・・・と、こうしてつらつらと書いていると、なんだか自分がとっくに神経症寛解したように感じますが、

これは今日の仕事が終わり、夕飯を食べ終え一息ついたから書けていることなのだと思います。

実際は、そうした線引きをすることで、どうにか考えを悪い方向に向かわせずに済んでいる、と書いたほうが的確でしょう(笑)

 

一時は簡単に出来ると考えていた減薬がそうではなかったことも含めて、つくづく神経症とは一進一退の病気だと思います。

 

でも、先ほど書いた「自分のなかで出来ることは何か考えていきたい」という気持ちに嘘はありません。

 

これからも、自分の体調と相談しながら、仕事も、それ以外の生活も有意義に送っていきたいです。

 

・・・時計の針が午前1時を過ぎたので、そろそろ寝ようと思います。

 

たこれから、元々のペースでブログを更新していきたいです。

 

では、おやすみなさい